【悲報】平均年収186万円の「下層階級」が増加。なんと約15%が該当

平均年収がわずか186万円の「下層階級」が激増しており、すでに就業人口の15%にも達しているという。 いま日本の社会は、大きな転換点を迎えている。格差拡大が進むとともに、巨大な下層階級が姿を現わしたからである。その数はおよそ930万人で、就業人口の約15%を占め、...

IT速報
2018年01月14日 22:40:53

0 users

17 views

注目の記事

リンク集

copyright fukkun.org

2chまとめ×まとめ