【悲報】韓国さん、最大のリスクに気づいていしまう。

【悲報】韓国さん、最大のリスクに気づいていしまう。

 国民生活や経済、金融市場に重大な影響を及ぼす仮想通貨取引所の閉鎖を韓国政府は発表からわずか7時間でひっくり返した。これでは現政権の政権運営能力に重大な疑念を抱かざるを得ない。取引所閉鎖が発表された直後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の主な支持層である20-30代が大統領府ホームページの掲示板に殺到し「文大統領を支持したことを後悔している」などの書込みが相次いだため、大統領府はたちまち政策を見直し「まだ正式に決定したものではない」などと支持者たちに言い訳しているのだ。300万人が1日最大6兆ウォン(約6300億円)を取引する市場に事前の予告もなく突然現れ、その入口に大きな鍵をかけると豪語した政府が、わずか数時間で何かに恐れを抱いたかのようにしっぽを下ろした。全世界が注目した政策だった。韓国政府の無能さと無責任さを世界に知らせたようなものだ。 現政権発足からすでに8カ月が過ぎたが、それまで発表された政策はどれもわずか1日でなかったことにされるか、あるいは数日単位で大きくぶれるケースがいくつもあった。(略)テレビのニュースでTHAAD(米国の高高度防衛ミサイル)が韓国に搬入される様子が大々的に報じられたにもかかわらず、政府はこれを知らなかったとして「報告を怠った」などと大騒ぎを起こし、結局は米国と中国の双方に疑念を抱かせるサンドイッチ状態になってしまった。韓日慰安婦合意も白紙化するのかと思われたが実際はそこまで踏み込まず、日本からは激しい反発を受け、また元慰安婦女性たちからも「だまされた」と批判されている。戦術核兵器の再配備、北朝鮮に対する海上封鎖といった重大な安全保障政策も、国防部と大統領府の説明が食い違っている。公正取引委員会はサムスン物産株の売却と関連して2年前に下した決定を覆し、財界を驚かせ不安に陥れた。次はどの政策がひっくり返されるのか、もはや誰にもわからない。 政府はどう考えてもおかしな政策への批判には完全に耳を閉ざし、間違いがあっても自らの非を認めない。文大統領の言葉を借りれば「まぶたも動かさない」ということだ。ところが自らの支持者たちがわずかな咳でもすれば政府は風邪を引いてしまう。今国政の最大のリスクは政府そのものになっている。※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースでhttp://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/13/2018011300420.html関連記事document.write('' + '');天声人語「韓国を見て驚くのは若い世代の政治意識の高さ。ろうそくの波は忘れがたい」【速報】文在寅韓国大統領の「謝罪と賠償」のおかわり発言キタ━━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━━ッ!!【朗報】韓国政府、日本が拠出した10億円を「慰安婦記念施設」の建設費に充てる模様文大統領の側近に次々“5大”不正見つかり窮地ww来日した韓国野党代表、成田空港での指紋採取を拒否し入国 ←は?

アルファルファモザイク
2018年01月13日 20:08:00

0 users

31 views

注目の記事

リンク集

copyright fukkun.org

2chまとめ×まとめ